シリアのぴんぼけ写真


by ned77

<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

マイサルーン

ダマスカスから西へ約20kmの地点にある20世紀の古戦場。
第一次大戦後、独立宣言したシリア王国に対し、フランス軍が侵攻、圧倒的に劣勢のシリア軍が敗れ、翌日にはフランス軍がダマスカスを占領、その後、第二次大戦後の1946年、シリア・アラブ共和国として最終的に独立。以下は、マイサルーン付近の風景です。
砂漠地帯ですが、アンチレバノン山脈を水源とするバラダ川が流れ、バラダ渓谷の緑と砂漠が対照的です。

c0152888_531026.jpg


c0152888_535069.jpg


c0152888_542244.jpg


ダマスカスの中心街、ユスフ・アル・アズマ広場
中央は、マイサルーンの戦いで戦死した司令官ユスフ・アル・アズマの記念碑
c0152888_54564.jpg



マイサルーンの戦い、ユスフ・アル・アズマについては、英語Wikipediaに紹介されています。
Battle of Maysalun
Yusuf al-Azma

Wikipedia:バラダ川(日本語)
[PR]
by ned77 | 2008-07-14 05:16 | 現代史

クネイトラ

ゴラン高原の一角にあるクネイトラは、現代史の一こまを証言する「20世紀の廃墟」です。1967年にイスラエル軍に破壊され、現在は、国連の管理下にあります。特別許可を得れば、幾つかのチェックポイントを通り、クネイトラに入ることができます。
気候風土はオリーブや果樹栽培に適し、イタリアのトスカナ地方を思わせる風景が広がります。
ここも、やはり地中海文化圏の一地方なので、ブドウ栽培やワイン生産にも最適です。
そうした風景の中に、突然「20世紀の廃墟」があります。

c0152888_0475683.jpg


c0152888_049124.jpg


c0152888_0501630.jpg


c0152888_0535362.jpg


c0152888_0582431.jpg


c0152888_0593944.jpg


破壊された教会の内部
c0152888_10455.jpg


教会の壁に開いた穴から見たクネイトラ
c0152888_131476.jpg


詳しくは、こちらをご覧ください。
Wikipedia:クネイトラ
[PR]
by ned77 | 2008-07-14 01:15 | 現代史