シリアのぴんぼけ写真


by ned77

<   2008年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

硬質の砂漠

砂漠が好きです。
以前に知人から「それは自由への憧れですよ」と言われたことがあります。
そうかもしれません。砂漠にはある意味で「絶対的な自由」があります。
それは「安全性」や「文明社会」からの自由でもあります。
文字からして、広大な砂場のように思われがちですが、実際には硬質の砂漠が大半です。
私は、砂の砂漠より硬質の砂漠が好きです。そしてシリア砂漠は殆ど硬質砂漠だけです。


次の2枚は、ダマスカスからパルミュラ(タドマール)へ向かう途中の砂漠です。

c0152888_1472933.jpg


c0152888_1492897.jpg



パルミュラには、古代ローマ時代の遺跡都市があり、その背後の小高い丘の上に、アラブ時代の砦があります。
右上の小さい画像がそれです。
砦からは、シリア砂漠のパノラマを見ることができます。

c0152888_155583.jpg




砂の砂漠に出会える機会が一番多いのは、やはりサハラ砂漠でしょう。
下の2枚はサハラで撮ったものです。
砂の色によって、白かったり、赤かったりします。これは白い砂丘です。

c0152888_1585580.jpg

c0152888_1595999.jpg

こういう砂の砂漠を、私は「地球の下痢」と呼んでいます(^_^;)
[PR]
by ned77 | 2008-03-24 02:02 | シリア雑記