シリアのぴんぼけ写真


by ned77

カテゴリ:現代史( 4 )

ダマスカス国立博物館


新市街地中心部の一角に広い緑地帯があります。
c0152888_352663.jpg


緑地帯と平行にバラダ川が流れ、広い通りになっています。
c0152888_385660.jpg


この通りに面してダマスカス国立博物館があります。
フランスによる委任統治領時代の1919年に開設され、当初は旧市街にありましたが、1939年から順次、現在地に移されました。建物の外観はパッとしませんが、貴重な考古学的出土品いっぱいの重要な博物館です。
c0152888_3143777.jpg


広い前庭の池の向こうに博物館の入り口があります。入り口を飾るユニークな構築物は、ウマイヤ朝(661~750)時代の砂漠の城「カスル・アル・ハイル・アル・ガルビ(西の豪華な城)」の城門を、そのまま移築したものです。8世紀初頭に建てられ、ペルシャ、古代ローマ、ビザンツ、シリアなどの建築様式が混合されています。因みに、この城と対をなす「カスル・アル・ハイル・ア・シャルキ(東の豪華な城)」は今もシリア砂漠に立っています。
c0152888_324366.jpg


残念なことに、ここは内部撮影禁止ですが、前庭にも貴重な出土品が、殆ど無造作に並べられています。下の水車は、ダマスカスからアレッポへの途中にある地方都市ハマ周辺で使われていた水車の模型です(本物は、もっと大規模なものです)。
ハマの水車は、粉引きなどに使われるのではなく、低地を流れるオロンテス川の水を、それより高い位置にある耕地に導くための水路です。最も古い水車は600年前のものと言われ、多くは16、17世紀からのもので、灌漑施設の近代化が進んだ今も、記念碑として残され、ハマの観光アトラクションとなっています。
c0152888_359231.jpg


説明の表示がないので、正確なことはわかりませんが、モザイクはビザンツ時代のものと思われます。獅子の石像も時代確定出来ませんが、黒い玄武岩製なので、シリア南部ハウラン地方(玄武岩の産地)で制作されたものでしょうか。
c0152888_415860.jpg


前庭の様子です。手前にも、ユニークな柱頭が見られます。
c0152888_435395.jpg



内部の展示で最も印象的なものは、オリジナルを移築再現したドゥラ・エウロポスのシナゴーグと、19世紀に建てられた上流市民の邸宅から移築再現されたサロンです。(シナゴーグはユダヤ教の礼拝堂)

ハマとドゥラ・エウロポスについてはWikipediaに日本語記事があるのですが、何故かリンクが出来ません。
それで、ダマスカス国立博物館で購入したドゥラ・エウロポスのシナゴーグ写真集の表紙と裏表紙をスキャンしました。

表紙:左からモーゼ、中央祭壇、律法学者エズラ
c0152888_2231963.jpg


裏表紙:ダマスカス国立博物館に再現されたシナゴーグ
c0152888_22372387.jpg

[PR]
by ned77 | 2009-09-15 04:37 | 現代史

東の快速号

ザバダーニは、ダマスカスから北東へ車で1時間から1時間半のところ、レバノン国境近くのアンチレバノン山脈のなかにあるリゾート地です。
歴史的なヒジャーズ鉄道の起点であるヒジャーズ駅から、毎週金曜日(休日)の朝、歴史的な列車がザバダーニに向かい、午後ザバダーニからダマスカスへ戻ります。

ヒジャーズ鉄道は、オスマントルコ帝国時代、ヒジャーズ地方(現サウジアラビア領内)にあるメッカへ行く巡礼を運ぶのを主な目的として20世紀初頭にドイツの援助で建設されました(軍事的目的もあったことは明らかです)。この鉄道は、第一次大戦中イギリス軍とアラブ・ゲリラによって徹底的に破壊され、もう1世紀近く放置されています。
起点であるダマスカスのヒジャーズ駅からは、南に向かう線路のほか、もうひとつの線路がザバダーニへ向かいます。当時から、ザバダーニが高級避暑地であったためと思われます。
ザバダーニへ向かう列車は「シャルキー・サリー」(東の快速号)と呼ばれます。開通当時は快速だったのでしょうが、自動車で1時間余りのところまで4時間半かかります。今では「カタツムリ号」といった感じです。

ヒジャーズ駅の外観
建造時代も近いので、イスタンブールにあるオリエント急行の終着駅と似た雰囲気があります。ヒジャーズ駅は、もう通常の駅としては使われていませんが、記念館として公開されています。
c0152888_8174615.jpg


ホームには、当時の列車が展示されています。この列車がザバダーニへ向かうわけではありません。ダマスカスの友達に誘われて一緒に出掛けた金曜日、ホームに入ってきたのは、息も絶え絶え、つつけば分解しそうな列車でした。
c0152888_8231447.jpg


車両の中も、本当に「歴史的」。当然のこと?ながら、トイレも車内販売もありません。
c0152888_8253331.jpg


マイサルーンのところでも紹介した写真ですが、列車は、砂漠の中を帯状に伸びるオアシスのようなバラダ渓谷に沿って、ゆっくり、ゆっくり進んで行きます。
c0152888_830435.jpg


途中の駅のひとつ。テキエとも読めるので、修道院か何かあるのか、あったのか?
c0152888_8391429.jpg


車内販売もないので、ガスボンベ持参の人がコーヒーをいれていました。
c0152888_8474168.jpg

タイムマシンで100年前に戻ったような走行風景
c0152888_843490.jpg


漸くザバダーニ駅に到着した「東の快速」号
c0152888_8453254.jpg


高級避暑地で、湾岸諸国の人たちがバカンスを過ごします。私たちが行ったのはダマスカスで45度くらいの夏の最中でしたが、ザバダーニはどうやら30度台で、やや肌寒く感じました。
c0152888_8524311.jpg




この旅で困ったのはトイレ。列車は時々止まったりしましたが(列車の息切れのためか?)、短時間で、しかも周囲には何もありません。何しろトイレの近いタチなので、トイレ休憩の停車前に、もう極限状態に(>.<)・・・満員の車両をオロオロ行ったり来たり、車掌らしい人物も「トイレ停車を待て」と言うだけ。
ところが、何故か一時停車したところに、民家が幾つか並んでいました。列車を見にきた子供たちの一人が、私の窮状を察したらしく「ウチはそこだよ」と教えてくれ、機関士に待っててくれと言い渡して、その子の家へ駆け込み、一安心\(^o^)/
車中をウロウロして発見したのは、物好きな外国からの旅行者らしい乗客は、ほんの数人だったこと。他の乗客はすべて、このカタツムリ列車を楽しむ?土地者ばかりでした。
帰りも列車を使うと夜になってしまうので、帰りはマイクロバスに乗り、あっという間にダマスカスに帰り着きました。
観光局でも、この列車を観光アトラクションにしようという意図は無いらしく、ネット情報にも、この列車を紹介したものはありません(T.T)
[PR]
by ned77 | 2009-01-22 09:02 | 現代史

マイサルーン

ダマスカスから西へ約20kmの地点にある20世紀の古戦場。
第一次大戦後、独立宣言したシリア王国に対し、フランス軍が侵攻、圧倒的に劣勢のシリア軍が敗れ、翌日にはフランス軍がダマスカスを占領、その後、第二次大戦後の1946年、シリア・アラブ共和国として最終的に独立。以下は、マイサルーン付近の風景です。
砂漠地帯ですが、アンチレバノン山脈を水源とするバラダ川が流れ、バラダ渓谷の緑と砂漠が対照的です。

c0152888_531026.jpg


c0152888_535069.jpg


c0152888_542244.jpg


ダマスカスの中心街、ユスフ・アル・アズマ広場
中央は、マイサルーンの戦いで戦死した司令官ユスフ・アル・アズマの記念碑
c0152888_54564.jpg



マイサルーンの戦い、ユスフ・アル・アズマについては、英語Wikipediaに紹介されています。
Battle of Maysalun
Yusuf al-Azma

Wikipedia:バラダ川(日本語)
[PR]
by ned77 | 2008-07-14 05:16 | 現代史

クネイトラ

ゴラン高原の一角にあるクネイトラは、現代史の一こまを証言する「20世紀の廃墟」です。1967年にイスラエル軍に破壊され、現在は、国連の管理下にあります。特別許可を得れば、幾つかのチェックポイントを通り、クネイトラに入ることができます。
気候風土はオリーブや果樹栽培に適し、イタリアのトスカナ地方を思わせる風景が広がります。
ここも、やはり地中海文化圏の一地方なので、ブドウ栽培やワイン生産にも最適です。
そうした風景の中に、突然「20世紀の廃墟」があります。

c0152888_0475683.jpg


c0152888_049124.jpg


c0152888_0501630.jpg


c0152888_0535362.jpg


c0152888_0582431.jpg


c0152888_0593944.jpg


破壊された教会の内部
c0152888_10455.jpg


教会の壁に開いた穴から見たクネイトラ
c0152888_131476.jpg


詳しくは、こちらをご覧ください。
Wikipedia:クネイトラ
[PR]
by ned77 | 2008-07-14 01:15 | 現代史